ステート・オブ・ジ・アート(state-of-the-art) [ディープラーニングやAIの文脈で]

1. ステート・オブ・ジ・アート(state-of-the-art)とは

ステート・オブ・ジ・アート(state-of-the-art)とは 「最先端の」という意味の慣用句であり,特に我々のようなパターン認識やAI界隈な技術革新の頻度が高い分野では,研究者が「state-of-the-art model(最先端のモデル)」などのように,「最先端の(=もっとも現代的で,進歩した)」とい言い表したい場合によく用いられる.

コンピュータビジョンや自然言語処理などの「パターン認識」系分野においては,実験の章において,目標とするタスクでの認識精度や予測精度を,ベンチマークとなるデータセットで学習した結果同士でモデルの良さを比較することで提案手法の新規性(novelty)や貢献(contribution)が大きいことを主張する.

その際,既に査読論文化・会議で発表済みの「従来の予測モデル」のうち,一番精度のよい手法や予測モデルを提案手法のライバルとして「最先端」だと呼びたい際に,英語(論文)ではstate-of-the-art modelsとか,state-of-the art techniquesなどと,表現することが多い.

関連記事

SNSでシェアやブックマークを行う