サイトの動機・狙い: 中間層の充実

1. 概要

昔から一貫している,私のコンピュータビジョン業界への達成目標は,『日本のコンピュータビジョン業界における,中間層の充実』である.「中間層をぶ厚くハイレベルにし,主人公となれる人数をより増やすこと」が,私の一貫した狙いである.ここでいう「中間層」とは,「初級者とトップ層のプロを除いた,ほとんどの方々」を指す)

従って,このサイトや,学会運営活動など,下支え的な活動でいつも意識しているのは,「初心者・若手層の底上げ」や「中間層の皆様の,更なるパワーアップの支援」である.

私もこれまで,先人の研究者の方々に,大変お世話になってきた.それもあり「次は自分が次の世代に貢献する番だ」という志のもとで,このサイトや,他の学習支援活動に取り組み始めている.

そして,こうした学習支援活動や,コーチングなどの育成を担当する際の私は,一番下に回り,こじんまりコツコツ働きながらも,皆様がより良い方向へ進み,実力向上を支える活動に,より重きをおきたい.広く中間レベルの多くの皆様向けに,コーチング役や,中級知識や中級ノウハウを提供する役割を,今後目指していきたいと考えている.

2. 日本の国全体を見渡した時の課題意識

機械学習分野に限らないが,産業社会の現代において,強くて幸せな国には「多くの中間層が存在して,所得レベル・実力レベルのバランスが取れている」ことが欠かせない.

海外の各産業国のような,昔から根強い階級制度・社会は,日本には(見かけ上だけではあるが)存在せず,一見すると,住んでいるところも,見た目も,全員さほど違いがない.これが日本の戦後社会の特徴である.実際,高度成長期中盤以降からバブルの頃は,日本人はいわゆる「一億総中流」の分布であった(これも,ある種の幻想ではあったかもしれないが).

それが,この「失われた20年」において,弱国化政治が一貫して行われてきて,すっかり中間層が取り払われてしまい,日本でも,各ビジネス業界は,上流と下流に2極化されてしまった.経済的にもアンバランスであるが,我々のような専門職でも,おのおののスキルや経験からしてアンバランスである.上下の激しい格差は,2極化や対立思考を招きやすいので問題である.そもそも「グローバル化」の過度な進行が根本原因であると思うので,日本以外も多くの国が抱える問題ではある.

私の場合は,やっていくことにブレは生じないのではあるが,以前と同じく引き続き「中間層の充実」を目指した支援を行っていくことで,その各種アンバランスさの緩和に,なんとかまず自分の業界に対してでも貢献していきたい.そのために,このサイトの構築・拡大や,本の執筆や動画講義の公開などを行う.今後は,研究業だけを行うのではなく,学習支援・コーチ業にも,仕事の重点をシフトしていきたい.

3. 「学習支援」も,万能ではないと考えている

私は自分のこのサイトのような活動を,「学習支援」と呼ぶようにしており,一般に言われる「教育」という呼び方はしないようにしている.「教育」という言いかたは,押し付けや洗脳・統制的なので好きではない.教育より自発的で,自由な「学習」が身に付くことが,皆様の個々のビジョン,そして組織のビジョンをもとに,おのおのが独自の高い価値や使命を発揮するために,重要と考えるからである.

とはいえ,「学習支援活動を頑張れば,日本・世界の社会問題の解決がうまく達成できる」というような,綺麗な因果関係が成り立つと理想主義の発想ではない.学習支援(他の方の言い方で言うと「教育」)だけで,全ての問題が解決すると思うのは,幻想(=現実的でない)と考える.

そもそも,社会全体の変動には,政治や流行,裏ではたらく力など,さまざまな要因がある.よって,学習支援を頑張るだけで,全てが解決するわけではない.また,個々人の成長も,コーチや師匠が助けられる範囲にも限界がある.たとえ,ハイレベルに成長した中間層が将来たくさん増えても,現代の資本主義的な「無理が積もってきた欧米系の人間社会」では,解決できることにも限りがある(※ 昔の封建社会や共認社会に,システムを回帰させるという手もあるかもしれない).

そして,日本はトップ層の支援ばかりおこなってしまい,中間層の強化を,ほったらかしにしがちであるという傾向がある.これは,コンピュータビジョン業界以外も抱える,「戦後の日本の根本的な問題」の1つであると考える.

以上のようなことから,私は,日本の国全体としてのバランスを取り戻すことが,国の最優先課題であると考えている.ただし,バブルの頃のように,世界トップ企業だらけになってしまうと,また世界から嫌われるので,そこそこの経済的な復活ができれば良いのではと個人的に思う.

ちなみに「遊び心や,時間や空間のゆとりが足りていない」という点も,個人的には,人工が都市集中型である,日本の課題として感じるところである.モノからコトの世界になっていった現代だからこそ,日本ならではの美や,精神,風習や価値観などでも,世界に貢献していけると良いと思う.

4. 本当は,直接コーチングサービスを提供したいのだが…

コーチングは,やはり直接対面で行うのがベストである.このサイトや,今後提供していく予定の動画講座や本など,一方通行の情報提供だと,対面性が確保できないので,貢献できる度合いに限界がある.

また,親ページでも述べたように,私の学生や部下を担当する際のコーチング方針は「即実践」である.実際に研究開発してもらう中でさっと身に付けてもらうのを,横で私が黙って見守っているというのが,自律的な専門家になってもらうにはベストだと思っている.とはいえ,やはり「テキスト」や「教科書」など,学ぶ時の資料が私の理想とするのに近いものがないと,理想的な学習環境を提供しづらいジレンマがあった.

従って,まずはこのサイトの構築を通して,私独自の「テキスト」の構築を充実させていくことから優先している.それにより私自身の各知識への理解度を高めていくなかで,徐々に,コーチング業や動画講義・電子書籍などの提供を始めたい.

昔から愛用している文献管理ソフトウェア上に,このサイトの各記事の元となっている,より強力で大規模な論文データベース・メモを構築している.現状は,このサイトと裏のデータベース両方の構築を通じて,私の「裏のナレッジデータベース」の質も高めている最中である(※ 2022年1月時点).それをもとに,今後は動画コースや,書籍などにもアウトプットして,皆様に提供していきたい.

しかし,直接やり取りを行うコーチングに勝るものはない.既に現状のお客様企業にはコーチング的なものをしているが,まだ表向きに屋号を持って,生業としているわけではない.よって,将来的には,コーチング専門の人を私以外にも雇ったうえで,企業や大学へのコーチング業も始めたいところである(ご依頼がどのくらい頂けるかどうかの,今後の展開次第で規模感は変わるが).

SNSでシェアやブックマークを行う