このサイトと著者について

0

1. 概要

本サイト「CVMLエキスパートガイド」は,コンピュータビジョン(CV),画像認識界隈の研究者や研究開発者向けに,「用語解説」記事を中心に,ガイドブック的に整理して提供するサイトである.このサイトの著者は,現役の画像認識研究者のMasaki Hayashiである.

本サイトの全ての内容,記事中のテキストおよび画像の著作権は,全て著者である私,Masaki Hayashi に帰属するものとする.

サイト名に「エキスパート(向け)ガイド」とある通り,関連分野全体のガイド地図として,画像系界隈の研究を全体的に俯瞰したり,教科書のように各用語の関係性をWeb上で眺められるサイトの構築を,このサイトの目標としている(詳しくは2節).また,個別の用語解説以外にも,特定の過去の時期の研究を眺めて,横串で同時代の研究同士を関連付ける「あの頃の振り返り記事」も書いていくことで,歴史に強い若い後進の研究者を増やすことも狙っていきたい.

2.サイトの目的

本サイトの目的は、総合的なガイドとして情報を集約しておき、ユーザーである研究者もしくは研究者見習いの学生の方々が,日常的に便利に利用できる「情報ハブサイトの構築」を通した「機械学習系の関連研究者の方々の学習および研究活動支援」である.

このサイトでは,名前の通り,旅行ガイドブック程度の完結さもしくは名所の網羅性をカバーする役割に徹する.よって,このサイトが簡易的なテキストや導入になっており,論文や専門書それぞれにリーチする前にも「この技術やこの論文だけは押さえておきましょう」という内容を辿れるようなWiki的サイトを構築したい.

著者は,若手のフェーズを終えて中堅研究者に足を踏み入れているのもあり,それこそ「授業」や「教科書」を書くように,このサイトの記事執筆している.よって(それらと同じく),各項目での深く詳細な内容は,サイト内で紹介する書籍(例えば機械学習プロフェッショナルシリーズ)や,講義,Webサイト,有料のセミナーなどに任せておき,このサイトでは「各情報を整理してそれらの関係性が脳に残りやすい階層的配置を,ガイドブックや地図のように専門性のあるみなさま向けに行う」ことを主眼としたい.

(※ 「出張講義」として,企業の研究開発部門向けに,このサイトで提供している内容をもとにある範囲に的を絞った「画像認識・深層学習の最近の動向(例えば物体検出/セグメンテーション)」のような内容を提供することも可能です.興味ある場合はご連絡ください)

3. コンピュータビジョンと機械学習にフォーカスする理由

管理人は、「画像認識・コンピュータビジョン全般」(CV)と「機械学習・深層学習(の応用)」(ML)を主な専門分野として研究興味としており,素直にそれらのCVとMLの情報を提供するサイト構成としている.ブログの「機械学習とかココンピュータビジョンとか」さんのタイトルと同じ感じで「CV」と「ML」で組み合わせた(ただし,あのブログはNeurIPS/ICML/ICLRの論文も多いから「機械学習とか」ではあり,私のサイトはそれほど基礎的な機械学習の話はとりあげないが).

以前から,ビジョン系および深層学習・機械学習周辺の研究コミュニティでは,身につけておきたい基礎的な内容が膨大であった.それらの全てを知る必要はなくとも学会では細分化されずそれらの全ての内容が1つの会議に集結するので知っておいた方が普段研究はしていない発表でも理解できるので,見聞は広まる.

しかも深層学習ブーム以降,その傾向が更に加速している.深層学習のモジュール結合の容易性により,マルチモーダルやマルチタスク学習の容易さが増した.これにより近隣分野との融合研究の増加にもつながり,各分野間の境界領域では問題設定が混ざっきたり過去の2分野を2つ合わせて解くことも多い(Vision and Languageなど).そうした細分化も激しい中で,簡易的入門的内容でもガイドマップをこのサイトで「日本語で」提供できれば,かなり今後皆様にお役に立つサイトになっていくと考えている.

4. 記事のカテゴリー分類

本サイトでは,以下の「記事カテゴリ」に大きく分類しながら記事を投稿し,研究者向けの各種情報を案内する(記事数が充実してくると,以下の2カテゴリ以外も親カテゴリを増やす予定):

  • 書籍紹介:大学院生向けの教科書や,研究者向け専門書を厳選したものを紹介する.また,研究者や管理職としての働き方を学ぶためのおすすめ書籍も紹介していきたい.(ライティング術や,計画スケジューリング系の書籍,コーチングテクニックや管理職向け書籍など).
  • 用語辞典:コンピュータビジョンと機械学習/画像認識における専門用語の記事を増やしていき,本サイト内で簡易Wiki化を行う.記事中で紹介した用語が紹介されているWikipediaページ/書籍/論文も記事に関連情報として添えて,詳しいところはあくまで自学してもらうようにしたい(本サイトは前述の通りあくまでガイドブックに徹したいので,深入りはこのサイトでは行わない).逆に言うと,Wikipediaの記事などと同じで詳細は省いた簡潔な用語解説で構成されるはずで,リファレンスとしての質は他にはないものを目指したい.私がコツコツ用語解説の記事を書くことで,英語圏でのMediumや中国のZhihuなど見られるような,「博士持った方が質の高い研究解説記事を沢山書いている状況」を,日本でも起こせる一助となれれば幸いである.

このサイトは「10年後もあまり情報の価値が廃れることのなく、かつ大学教員が提供するような専門性の高い情報の提供」にフォーカスしたい.そうはいっても,私も本業の隙間でこのサイトをコツコツ書くことしかできないので,基本的な用語の記事が埋まるだけでも結構な年月は必要だと予想している.(もしこのサイトの構築活動に関して,積極的にご支援いただける企業・個人などがいらしたら,お声がけ頂けると非常に助かる)

アフィリエイトプログラムの使用

当サイト「CVMLエキスパートガイド」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

0